1998年式ゼファーχのキャブレターになります。8月30日まで実働で使用していました。オーバーフローなどなく、アイドリングもしっかりしていて上まで回っていました。セッティングの際にホース類も新品に変えフィルターも取り付けていたのでキャブ内は綺麗かと思います。全オーナーが2年前にオーバーホールもしているみたいなのでエンジンが温まっていればセル1でした。去年の冬にセッティングしたのもあってかエンジン温まるまでは1500から2000回転でバラついていました、また生産から23年ほど経っている車体のものの為、新車時と比べれば摩耗等も多少あると思います。車体によってもセッティングが違ってくると思うのでOH前提でのご使用をお勧めいたします。パワフィル仕様ではなかった為、中身は全て純正かと思います。ストックキャブをオーバーホールに出して9月頭に交換した為出品に至りました。コメントの方よろしくお願いします。
カテゴリー:自動車・オートバイ>>>オートバイパーツ>>>エンジン、冷却装置
商品の状態:傷や汚れあり
ブランド:カワサキ
配送料の負担:送料込み(出品者負担)
配送の方法:らくらくメルカリ便
発送元の地域:大阪府
発送までの日数:1~2日で発送

定番人気! ゼファーχ キャブレター 実働外し エンジン、冷却装置

Craft Beer

ビールを飲んだとき、味の表現をするときになかなかもどかしいときがあります。

「この味はなんて表現したら良いのか?」と悩んでしまいます。

そこで味に関してシンプルに考えていける方法を考えてみました。

味の7割は香りで決まる

味の7割は香りと言われているようです。

香りの表現は、果物やハーブ、アロマといったもので例えられます。

ビールを飲んでみてまずは近い味や香りのものは何か、を探ってみましょう。

「グレープフルーツっぽい」

「バニラっぽい」

「バジルっぽい」

など。

甘い・苦いなどの形容詞を頼りにする

味を表現する形容詞、

AMATERAS セットアップ

この中からどれが当てはまるのかを探ってみます。

複数当てはまるときもあるかと思います。

「甘酸っぱい感じ」など。

さらにその甘さや辛さなどが他のどんなものに近いのかを探ってみると面白いです。

「バニラのような甘さ」

「胡椒のような辛さ」

みたいな感じで。

時間の経過を見てみる

まず口に入れたときに感じる味と飲み込む時の喉越しで感じる味が違う場合があります。

  • 口に入れたとき
  • 口に含んでしばらくたったとき
  • 飲み込んで喉を通過しているとき

時間の経過ごとに感じる味を観察してみるとまた違った表現になってきます。

味の表現はなかなか難しいですが、

  • GELATO PIQUE ジェラートジャガード パーカ・ショートパンツセット
  • 形容詞で表現するとどうなるのか?
  • 時間の経過で変化があるのか?

まずはこの3点を観察してみるとシンプルに表現できるのかなっと思いました。

そして感じたことは、日頃食べている果物や野菜をゆっくり味わってみたい!ということでした。

他の何かにたとえてみるときに「あの果物ってどんな感じだったっけ?」とか

「この味どこかで味わったことあるけど何だっけ?」とか。

味を表現しようとしてみると日頃食べるときにより味わってみるようになり、いつもの食事がさらに楽しくなりそうです。

希少 フェラガモ ローファー サイズ6
【試着のみ/未使用】DIDYMOS ベビーラップ(420cm)・スリング用リング
Translate »
タイトルとURLをコピーしました