取っ手のついた赤くてかわいいアメリカ ARVIN社製の真空管ラジオです。MODEL 854Pです。この形のラジオはあまりないと思われます。\r構成は1U5、1R5、1T4、3V4の4球スーパーで、100Vで動作します。現状では放送を受信しますが、ハム音が大きく実用的ではありません。電源回路の電解コンデンサの交換等整備が必要と思われます。電池でのテストはしておりません。\r外観上は、全体的にきれいですが、ダイヤル面に擦り傷、正面右上に小さなキズ、裏蓋の片側に5mm程度の割れがあります。写真でご判断ください。\r置物として室内のオブジェとしてもかわいいラジオです。ご興味のある方お願いします。\r大きさは概略で、横245mm、高さ190mm、奥行70mm程度です。
カテゴリー:家電・スマホ・カメラ>>>オーディオ機器>>>ラジオ
商品の状態:やや傷や汚れあり
配送料の負担:送料込み(出品者負担)
配送の方法:ゆうゆうメルカリ便
発送元の地域:千葉県
発送までの日数:1~2日で発送

【送料無料/即納】 アメリカ製真空管ラジオ かわいいARVIN社製 4球スーパー 要整備品 ラジオ

Craft Beer

ビールを飲んだとき、味の表現をするときになかなかもどかしいときがあります。

「この味はなんて表現したら良いのか?」と悩んでしまいます。

そこで味に関してシンプルに考えていける方法を考えてみました。

味の7割は香りで決まる

味の7割は香りと言われているようです。

香りの表現は、果物やハーブ、アロマといったもので例えられます。

ビールを飲んでみてまずは近い味や香りのものは何か、を探ってみましょう。

「グレープフルーツっぽい」

「バニラっぽい」

「バジルっぽい」

など。

甘い・苦いなどの形容詞を頼りにする

味を表現する形容詞、

M☆ 様専用

この中からどれが当てはまるのかを探ってみます。

複数当てはまるときもあるかと思います。

「甘酸っぱい感じ」など。

さらにその甘さや辛さなどが他のどんなものに近いのかを探ってみると面白いです。

「バニラのような甘さ」

「胡椒のような辛さ」

みたいな感じで。

時間の経過を見てみる

まず口に入れたときに感じる味と飲み込む時の喉越しで感じる味が違う場合があります。

  • 口に入れたとき
  • 口に含んでしばらくたったとき
  • 飲み込んで喉を通過しているとき

時間の経過ごとに感じる味を観察してみるとまた違った表現になってきます。

味の表現はなかなか難しいですが、

  • レーサーシューズ 自転車用
  • 形容詞で表現するとどうなるのか?
  • 時間の経過で変化があるのか?

まずはこの3点を観察してみるとシンプルに表現できるのかなっと思いました。

そして感じたことは、日頃食べている果物や野菜をゆっくり味わってみたい!ということでした。

他の何かにたとえてみるときに「あの果物ってどんな感じだったっけ?」とか

「この味どこかで味わったことあるけど何だっけ?」とか。

味を表現しようとしてみると日頃食べるときにより味わってみるようになり、いつもの食事がさらに楽しくなりそうです。

アムウェイ eSpring浄水器(旧型) フィルター 型番 E-4622-J
サルタレッリ アマルフィ 1ドア サイドボード アイボリー ローキャビネット
Translate »
タイトルとURLをコピーしました